プロフィール

藤本和想建築

Author:藤本和想建築
藤本和想建築の代表 藤本です。
役職は棟梁。
木造新築、リノベーション、店舗改装、雑木のあるお庭、無垢の家具など地産地消の素材で、提案、製図、建築、制作、監理をさせていただいております。
そして阿蘇の古民家に住む私中年棟梁の視点からみた日常、非日常をブログにて綴らせていただきます。

性別 → モンゴロイド系 男
生まれ→ 熊本県 1974年製
血液型→ O型
趣味 → 古い建物探訪、庭づくり、オーディオ
愛車 → イギリス製のちっさな車
マイブーム→アンティークの木製品集め、古材収集
好きな食べ物→玄米食
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくり !!

IMG_0012.jpg


解体した木材をトラックに載せてる写真です。

11mの梁です。

IMG_0011.jpg

あまりにもの長さにびっくりです。
乗せるのにとても苦労しました。

スポンサーサイト

古民家移築プロジェクト 解体作業の様子です。

IMG_0007.jpg
調査も終わり、
2月下旬、いよいよ柱や梁の解体が行われました。

柱の迫力がすごいです。

上からみた図です。
gobannmome1.jpg

しっかりと組まれているのがとてもわかります。
長い月日を経てもこれだけ立派に残っていると思うと、本当にすごい仕事です。
kominnka1.jpg

これがまた、新しく移築されてよみがえります!

たのしみです。

200年の時を越えて・・・。調査中です。

DSC02232_convert_20120222101018.jpg

DSC02229_convert_20120222100904.jpg
この建物は熊本県の益城町に現存する民家では
最も古いものといわれています。
天井、壁、床の解体も終わり

少しずつではありますが
古民家移築プロジェクトは進んでおります。
DSC02274_convert_20120222100809.jpg

この家のおさまり、寸法
あらゆる高さ、部材を詳細に調査中です



DSC02260_convert_20120222101308.jpg
現在、熊大の建築科の学生の有志たちが集い調べています。
DSC02278_convert_20120222100702.jpg
次回は、いよいよ

解体です。

古民家移築再生プロジェクト2

いまから移築予定であります。こちらは 構造計算、デザイン、リノベーションし新しい建物へとうまれ
変わります!!長期的な計画で進めてまいります。
どうぞご期待ください。
 
古民家2

DSC01861.jpg

古民家3

古民家4

古民家5

1古民家移築

200年の記憶を受け継いで・・・・。

10月下旬より
益城町で現存する民家ではもっとも古いものだといわれている建物を解体中です。

長期的にこれをまた建設します。

写真は随時アップいたします。

解体していると昔の職人のすばらしい伝統と技を学ぶことができます。

これからの木造建築に役にたてるための大切な仕事です。

また詳しいことは ブログにてアップいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。